オハイオ州立大学の学際的研究チームは、ダンス(特にアルゼンチンタンゴ)が治療の一環として、末梢神経障害を伴うがん患者の平衡感覚を大幅に改善し、転倒のリスクを軽減する可能性があるという、新しい研究結果を発表した。

この予備研究は、オハイオ州立大学総合がんセンターArthur G. James Cancer Hospital and Richard J. Solove Research Institute(OSUCCC – James)のがん研究に対して1億600万ドル以上を集めた、オハイオ州コロンバスのグラスルーツ(草の根運動)サイクリングイベントPelotoniaの資金提供を受けた。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/49827.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:
https://www.cancerit.jp/


人気記事