【 OMCEセミナー『がんと栄養』事前質問受付中!4/24(金)正午まで】

子宮頸がん

「誰かに力を与えられる」フォトグラファー・木口マリさん

2020.04.01

  • ピックアップ

15~39歳頃までの思春期と若年成人(Adolescent and YoungAdult)を指すAYA世代。 続きを読む https://00m.in/BCWrL ニュース選定者:中島 香織 Sank ...

古村比呂、リンパ浮腫吻合手術で入院「がんばってきます」

2020.03.31

  • ピックアップ

女優の古村比呂(54)が26日、自身のブログを更新。 続きを読む https://00m.in/G09oo ニュース選定者:中島 香織 ORICON NEWS https://www.oricon.c ...

DeSCヘルスケア、子宮頸がん検診啓発プロジェクトの一環でベイスターズ主催試合にて「Blue Star Project Women’s ナイター」を開催決定

2020.02.21

  • ピックアップ

ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社であるDeSCヘルスケアと、ロシュ・ダイアグノスティックス(以下、ロシュ)は、国内全体の子宮頸がん検診の受診率向上を目指す「Blue Star Project(ブ ...

日本で続くHPVワクチンへの躊躇いに警告、防げたかもしれない子宮頸がん死は現時点で約5000人

2020.02.20

  • ニュース

2010年、日本で12歳から16歳の女性を対象に公費補助によるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンプログラムが始まった。当初、接種率が70%を超えるまで普及したが、2013年6月に複数の有害事象が ...

【子宮頸がん体験談】「ここなら話せる!」女性特有のがんの患者会活動20年

2019.12.24

  • がんの体験談

河村 裕美(かわむら ひろみ)さん(52歳) 静岡県熱海市在住。 子宮頸がんサバイバー。 認定特定非営利活動法人 オレンジティ 理事長。 20年前に子宮頸がんの告知を受けた河村裕美さん。結婚して1週間 ...

元カノが子宮頸がんになった過去……ホリエモンがハヤカワ五味と語る「予防医療と検診の必要性」 (1/5)

2019.11.29

  • ピックアップ

9月24日、東京都港区のDMM本社で、一般社団法人予防医療普及協会「予防医療オンラインサロンYOBO-LABO」の会員限定トークイベントが子宮頸がんの予防と検診をテーマに開催された。 続きを読む ht ...

乳がん、子宮頸がんについて学ぶ「おかずクラブと学んで発見、ヘルスアカデミー」に登場!オカリナさん「好きなことを楽しむために年一回の検診を」ゆいPさん「周りの方の声掛けも検診のきっかけに」

2019.10.09

  • ピックアップ

この度、全国に193店舗のサロンを展開し、売上・店舗数、顧客満足度No.1美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナムは、10月のピンクリボン月間、11月の子宮頸がん啓発強化月 ...

情報不足 子宮頸がん 接種決めかねる対象者ら

2019.09.13

  • ピックアップ

周知に努める自治体も  国が積極的な接種呼び掛けを中止している子宮頸(けい)がんワクチンについて、中部九県の二十一市町村=地図参照=が接種対象者に個別に案内を送っていた。 続きを読む https:// ...

HPVウイルスによるがんの92%、ワクチン接種で予防可能 米CDC

2019.08.28

  • ピックアップ

米疾病対策センター(CDC)は22日、ヒトパピローマウイルス(HPV)によって発症するがんの約92%は、HPVワクチンの接種によって予防可能だと発表した。 続きを読む https://www.afpb ...

子宮頸がん前段階の治験開始 ウイルス増殖を抑える化合物投与

2019.06.07

  • ピックアップ

京都大の研究チームは6日、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の増殖を抑える化合物を人に投与する臨床試験(治験)を始めたと発表した。既に動物実験では効果を確認しており、子宮頸がんの新 ...

子宮頸がんとPembrolizumab

2019.04.19

  • ピックアップ

最近GOPC-ROS1陽性の子宮頸部混合型小細胞がん(この病名記載が適切かどうかはわからないけれど)の患者さんから相談を受けた。どんな治療が可能性として挙げられるか、とのこと。小細胞がんに対する化学療 ...

治療歴のある進行性子宮頸がんを患者に対するキイトルーダ単剤療法、客観的奏効率12.2%を示す

2019.04.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある進行性子宮頸がん患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・持続的な抗腫瘍効果を示し、忍容性も問題なかった 2019年4月3日、医学 ...

女性のがん検診 乳がんは40歳から2年に1回マンモで

2019.02.24

  • ピックアップ

いつ、どんな検査を受ければ、がんで亡くなるリスクを減らすことができるのか。 女性が受けておきたい5つのがん検診の受けるべきタイミングや効果的な受け方を紹介する。 続きを読む https://bit.l ...

HPVワクチン賛成派は反対派に伝え方で負けている「大砲に刀で戦っているようなもの」

2019.02.23

  • ピックアップ

子宮頸がんの原因になるHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染を防ぐHPVワクチン。 国が安全性や効果を認めて公費で受けられるようにしたにもかかわらず、体調不良を訴える声で不安が広がり、接種率は1%未 ...

進行固形がん患者に対する抗組織因子抗体であるTisotumab vedotin単剤療法、奏効率15.6%を示す

2019.02.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・抗組織因子(TF)の抗体薬物複合体Tisotumab vedotin単剤療法 ・卵巣がん、子宮頸部がん、子宮内膜がん、膀胱がん、前立腺がん、食道がん、頭頸部がん、非小細胞肺 ...

本庶佑さん「社会的な問題」子宮頸がんワクチン接種低迷を指摘

2019.01.09

  • ピックアップ

2018年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)が26日、京都市左京区の京都大で記者会見し、「研究と若手の支援に引き続き努力していきたい」と今後に向けた抱負を ...

【子宮頸がん体験談】生きるって、いいことばかりじゃない。それが命。その中で見つけていく“自分の生き方”。〜後編〜

2018.12.13

  • がんの体験談

23歳で子宮頸がんが見つかった阿南里恵(あなみ りえ)さん。28歳のころから各地での講演活動を開始し、厚生労働省がん対策推進協議会委員を務めるなど、がんの経験を活かした活動を行っています。しかしその中 ...

HPV(子宮頸がん)ワクチン:親が子供に接種させない本当の理由

2018.12.13

  • ピックアップ

ジョンズホプキンス研究者たちの新たな調査データ研究によると、性感染を起こすヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンを親が自分の子供に接種させないのは、ワクチン接種が若者の性行為を促したり、サポートに ...

子宮頸がん検診でHPV検査、初の推奨…国立がん研究センターが指針改訂案

2018.12.12

  • ピックアップ

国立がん研究センターは、子宮頸がん検診の指針の改訂案を公表した。 がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかを調べる検査を、検診として初めて推奨した。 続きを読む http ...

【子宮頸がん体験談】生きるって、いいことばかりじゃない。それが命。その中で見つけていく“自分の生き方”。~前編~

2018.12.11

  • がんの体験談

23歳で子宮頸がんが見つかった阿南里恵(あなみ りえ)さん。28歳のころから各地での講演活動を開始し、厚生労働省がん対策推進協議会委員を務めるなど、がんの経験を活かした活動を行っています。しかしその中 ...