「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」改訂のお知らせ

エンハーツ

抗体薬物複合体エンハーツ、HER2低発現乳がんに対する適応拡大を申請

2022.06.30

  • ニュース

6月27日、第一三共株式会社は、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)であるエンハーツ(一般名:トラスツズマブ デルクステカンDS-8201/T-Dxd、以下エンハーツ)について、HER2低発現の乳 ...

前治療歴のあるHER2低発現の転移性乳がんに対するエンハーツ単剤療法、無増悪生存期間と全生存期間を延長

2022.06.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・化学療法による前治療を受けたHER2低発現の転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・無増悪生存期間は10.1ヶ月、全 ...

Asco 2022 –エンハーツは問う、どこまで下げることができるのか

2022.06.10

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   トリプルネガティブ乳がんでの勝利宣 ...

前治療歴のあるHER2陽性の再発転移性乳がんに対するエンハーツ単剤療法、無増悪生存期間を延長

2022.04.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・前治療歴のあるHER2陽性の再発転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・エンハーツ単剤療法とT-DM1単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・12ヶ月無増悪生存率はエンハーツ群 ...

支配を強めるエンハーツ

2022.03.15

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   英アストラゼネカ社/第一三共株式会 ...

HER2低発現の乳がんに対するトラスツズマブ デルクステカン単剤療法、無増悪生存期間と全生存期間を改善

2022.02.24

  • ニュース

2月21日、第一三共株式会社と英アストラゼネカ社は、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)であるトラスツズマブ デルクステカン(DS-8201/TDXd)について、HER2低発現の乳がん患者対象とし ...

治療歴のあるHER2陽性の進行非小細胞肺がん患者に対する抗HER2抗体薬物複合体エンハーツ単剤療法、客観的奏効率55%を示す

2022.02.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるHER2陽性の進行非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は55%を示す 2022年1月20日、医学誌『 ...

Esmo 2021–アストラゼネカがエンハーツの壮大なビジョンを提示

2021.10.20

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   しかし、この薬剤の毒性が実臨床で管 ...

前治療歴のあるHER2陽性再発/転移性乳がんに対するエンハーツ単剤療法、無増悪生存期間を延長

2021.10.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・前治療歴のあるHER2陽性の再発/転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性をT-DM1と比較検証 ・盲検下独立中央評価による無増悪生存期間は ...

HER2陽性進行性胃がんに対するエンハーツ単剤療法、客観的奏効率38%を示す

2021.10.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性進行性胃がん患者が対象の第2相試験 ・二次治療以降のエンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は38.0%であり、完全奏効率は3.8%を示した 2 ...

HER2陽性の進行性非小細胞肺がんに対する抗体薬物複合体エンハーツ単剤療法、客観的奏効率54.9%を示す

2021.10.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は54.9%を示し、うち完全奏効率は1.1%を示した 2 ...

抗体薬物複合体が早期治療に進出

2021.08.25

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   英アストラゼネカ社/第一三共株式会 ...

HER2陽性切除不能/転移性乳がんに対する二次治療としてのエンハーツ単剤療法、T-DM1に比べて無増悪生存期間を改善

2021.08.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の切除不能/転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・二次治療としてのエンハーツ単剤療法の有効性・安全性をT-DM1と比較検証 ・無増悪生存期間はエンハーツ単剤群で ...

HER2陽性乳がんに対する一次治療としての抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン、第3相試験で患者への投与を開始

2021.06.17

  • ニュース

第一三共株式会社と英アストラゼネカ社は6月15日、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(開発コード:DS-8201)について、HER2陽性の乳がん患者への一次治療を対 ...

HER2陽性転移性大腸がんに対するエンハーツ単剤療法、客観的奏効率45.3%を示す

2021.05.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は45.3%を示し、新たな有害事象は報告されなかった 2021 ...

治療歴のあるHER2陽性切除不能/転移性非小細胞肺がんに対するエンハーツ単剤療法、客観的奏効率24.5%を示す

2021.02.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるHER2陽性の切除不能/転移性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率24.5%を示す 2021年1月2 ...

術前療法を経たHER2陽性乳がんに対してトラスツズマブ デルクステカンを術後投与する第3相試験が開始

2020.11.06

  • ニュース

11月4日、第一三共株式会社と英・アストラゼネカ社は、術前療法後に浸潤性残存病変を有する再発リスクの高いHER2陽性乳がんを対象にトラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)を投与する第3相DES ...

抗体薬物複合体エンハーツがHER2陽性胃がんの追加承認を取得

2020.09.30

  • ニュース

9月25日、第一三共株式会社は抗悪性腫瘍薬であるエンハーツ(一般名:トラスツズマブ デルクステカン(遺伝子組換え)、以下エンハーツ)について、がん化学療法後に増悪したHER2陽性の治癒切除不能な進行・ ...

エンハーツ、HER2陽性の転移性非小細胞肺がんに客観的奏効率61.9%を示す

2020.06.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の転移性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・データカットオフ時で客観的奏効率61.9%を示した 2020年5月2 ...

複数治療歴のあるHER2陽性進行性胃または胃食道接合部がん患者に対するエンハーツ、標準治療に比べて客観的奏効率、全生存期間を改善

2020.05.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・2レジメン以上の治療歴のあるHER2陽性進行性胃または胃食道接合部がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・主要評価項目である客観的奏効率は ...