実は全ての臨床試験(治験)情報は公開されています。「全ての臨床試験は無理だけど、がん(オンコロジー分野)だけでもまとめてみよう」。どこにもない挑戦の始まりです。

【臨床試験情報について】

「オンコロ」を運営する1つの目的として、がん(オンコロジー)分野の「臨床試験(治験)」や「臨床研究」を一般の方々にもっと知ってほしいという思いがあります。
公開されている臨床試験情報から現在実施している臨床試験の情報を可能な限り収集することにより、公益性を保つと共に、一般の方への情報の橋渡しとなれればと考えています。しかしながら、関連法規や関連団体の指針等を考慮しますと、当Webサイト上に治験を実施している医療機関までを開示することは原則できませんのでご了承ください。
当Webサイトにて医療機関を開示することがありますが、これらは各医療機関の治験審査委員会にて審査・承認された医療機関となります。

【情報更新について】

当Webサイトは定期的にアップデート致しますが、参考としております公開情報の更新状況によって最新の臨床試験情報ではない場合がありますのでご了承ください。

【被験者募集広告と臨床試験情報開示】

臨床試験の被験者募集広告は、省令GCP第32条第1項第2号「被験者の募集の手順に関する資料」を遵守し、治験審査委員会にて倫理的及び科学的に妥当性の審査を受けなければなりません。
日本製薬工業協会(JPMA)は「治験に係わる被験者募集のための情報提供要領(平成20年11月改訂)」を公開しています。
現在の被験者募集広告はこれらを遵守しながら実施されています。
一方、国際製薬団体連合会(IFPMA)、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、欧州製薬団体連合会 (EFPIA)、日本製薬工業協会(JPMA)4団体が共同声明として「臨床試験登録簿及びデータベースを介した臨床試験情報の開示に関する共同指針(平成21年11月10日改定)」を出しています。この目的は、臨床試験の情報を一般の方々へ公表することであり、National Institutes of Health(NIH;アメリカ国立衛生研究所)が運営する『Clinical Trial.gov』や『日本医薬情報センター(JAPIC)』等への臨床試験登録制度の内容が明記されています。

【参考】

治験に係る被験者募集の情報提供の取扱いについて(平成19年7月27日 事務連絡):
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/52718.pdf
治験に係わる被験者募集のための情報提供要領(平成20年11月改訂):
http://www.jpma.or.jp/about/basis/guide/information.html
臨床試験登録簿及びデータベースを介した臨床試験情報の開示に関する共同指針(平成21年11月10日):
http://www.jpma.or.jp/about/basis/rinsyo/shishin09.html
治験119 質問番号:2012-14 患者さんから治験依頼者への治験に関する問合せ:
http://www.jpma.or.jp/information/evaluation/tiken119/274.html
治験119 質問番号:2012-17 臨床試験公開情報における実施医療機関名の公開:
http://www.jpma.or.jp/information/evaluation/tiken119/276.html

Clinical Trial.gov:https://clinicaltrials.gov/
JAPIC:http://www.japic.or.jp/


人気記事