日本癌治療学会は13日、がんと診断された若い患者が将来、子供を持つ可能性を残す治療方法をまとめた初の指針を月内に公表すると発表した。「がんの治療が最優先」とした上で、がんと生殖医療の専門医が連携して患者に情報提供することが重要だとした。

続きを読む
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170713/lif17071318390015-n1.html

ニュース選定者:小澤 信与
引用元:iza 産経デジタル
http://www.iza.ne.jp/


人気記事