20歳から日本骨髄バンクにドナー登録していた上野さんは、入院中に神戸ポートアイランド内にある小児がん治療中の子どもとその家族のQOLに配慮した国内初の専門施設「チャイルド・ケモ・ハウス」の存在を知る。コーヒーを通して継続的に支援したいという思いから、程近い場所に店を開店。売り上げの一部を寄付し、チャリティーイベントへの参加・企画などを通じて、「1杯のコーヒー」から同施設の支援活動を行っている。

続きを読む
https://kobe.keizai.biz/headline/2653/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:神戸経済新聞
https://kobe.keizai.biz/


人気記事