山形大
LINEで送る
Pocket

山形大病院でがん治療に関わる医師らが集まり、病院の責任で適切な治療法を検討する会議「キャンサートリートメントボード」(CTB) が、導入から10年目に入った。検討した症例は3,800件を超え、病院の担当者は「治療の質の向上に役立っている」と話す。

続きを読む
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170414_53002.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:河北新報オンラインニュース
http://www.kahoku.co.jp/

LINEで送る
Pocket

人気記事