「肥満と子宮内膜がんや他のがんのリスク増加との関連性を調べる研究はこれまで1,000件以上ありましたが、
体重減少とがんリスクの関連性を調べた研究はほとんどありません。
本研究では、体重減量は中年期以降に行っても子宮内膜がんリスクの低下につながることを示しています。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/54536.html

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事