「直腸がんの手術は非常に有効ですが、リスク、回復期間、機能への長期的影響は患者の生活の質(QOL)に重大な影響を及ぼします。
どのような直腸がん患者であれば待機療法アプローチ(watch-and-wait approach)で安全に治療できるかをよりよく理解するために、
この分野でさらに研究を進めることが不可欠です」

続きを読む
https://www.cancerit.jp/54381.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事