ピンク
LINEで送る
Pocket

ある新分析によると、若年乳がんサバイバーががんと診断されたのち、数年経過しても42%のパートナーが不安感を覚えていることが分かった。
研究者らは、効果的でない(不適応)対処、育児の心配などの要因が不安と関連していたと述べる。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/54377.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

LINEで送る
Pocket

人気記事