頭頸部がん患者さん対象インタビュー調査にご協力ください

術前化学療法で病理学的完全奏効の乳がん患者に手術回避の可能性


  • [公開日]2017.01.25
  • [最終更新日]2017.03.01

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで行われたパイロット研究で、化学療法や標的治療の術前全身化学療法(NST)後に病理学的完全奏効(pCR)となる乳がん患者を画像ガイド下生検が識別した。
今後の研究でこの発見が再現されれば、本研究は、治療がさらに精選・個別化されるに伴い、多くの患者で手術を省略することができる可能性があることを初めて示唆することになる。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/53513.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×