「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

若年がん患者の不妊対策に助成 厚労省方針、卵子凍結は20万円


  • [公開日]2021.01.26
  • [最終更新日]2021.01.26

厚生労働省は、小児・若年がん患者らが将来に子を持てる可能性を高めるために、卵子や精子などを凍結保存する費用の助成額を、卵子二十万円、精子二万五千円、体外受精などの受精卵三十五万円とする方針を固めた。
二回の施術まで助成する方向で検討する。

続きを読む
https://ux.nu/Ixn6w

ニュース選定者:中島 香織

中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/

×