技術革新で肺がん手術が進化 時間短縮により患者の負担減


  • [公開日]2020.12.14
  • [最終更新日]2020.12.14

成人男性の平均喫煙率は27.8%(2018年JT調査)とピーク時の1966年の83.7%と比べ大幅に減少。
ただ女性の喫煙率も減少しているのに肺がん患者は増加している。
その理由として喫煙がリスクにならない肺腺がんの増加が挙げられる。
それでも近年、人間ドックなどでのCT検査に伴い、早期発見も可能になり、肺がん手術後の5年生存率は50%以上と向上した。

続きを読む
https://ux.nu/qgWMJ

ニュース選定者:山崎 和樹

NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/

×

リサーチのお願い