新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

がんの義父をドナーに救ってもらった女性「治らないのなら天国に行きたい」と語る4歳児のドナーに


  • [公開日]2020.11.20
  • [最終更新日]2020.11.20

生きていくために生後6週から輸血が欠かせなかった4歳男児が、骨髄バンクに登録していた見ず知らずの女性から造血幹細胞移植を受けた。
移植を受ける前の母親と息子の胸を揺さぶられる会話、そして女性がドナーとなったきっかけなどについて『USA TODAY』『InspireMore.com』などが伝えている。

続きを続む
https://ux.nu/qdeEx

ニュース選定者:中山 裕樹

ニフティニュース
https://news.nifty.com/

×

リサーチのお願い