「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

iPSがん治療 国内初の移植実施 千葉大など免疫細胞利用


  • [公開日]2020.10.22
  • [最終更新日]2020.10.22

人工多能性幹細胞から作製した「NK(ナチュラルキラー)T細胞」という免疫細胞をがん患者に移植する世界初の治験について、千葉大と理化学研究所の研究チームが移植手術を実施したことが21日、分かった。
手術は成功したという。
iPS細胞を使った再生医療の研究でがん患者に移植手術を行ったのは国内で初めて。

続きを読む
https://ux.nu/4RHn2

ニュース選定者:中島 香織

産経ニュース
https://www.sankei.com/

×

リサーチのお願い