新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

DNAメチル化酵素DNMT3AおよびDNMT3Bの特異的機能の発見 -哺乳類の発生過程やがん発症のメカニズム解明に貢献-


  • [公開日]2020.07.01
  • [最終更新日]2020.07.02

蒲田未央 iPS細胞研究所特定職員、山本拓也 同准教授(高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)主任研究者)、八木正樹 ハーバード大学リサーチフェロー、山田泰広 東京大学教授らの研究グループは、多能性幹細胞における遺伝子破壊技術と網羅的なDNAメチル化解析技術を組み合わせることにより、DNAメチル化酵素であるDNMT3Aと DNMT3Bの特異的な標的部位の同定に世界で初めて成功しました。

続きを読む
https://00m.in/OoL1F

ニュース選定者:熊谷 知泰

京都大学
https://00m.in/6ta0p

×