新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

世界初、iPS-NKT細胞を血管内に直接投与―頭頸部がんの免疫細胞療法で治験を開始―


  • [公開日]2020.06.30
  • [最終更新日]2020.06.30

2020年6月25日に医薬品医療機器総合機構(PMDA)の30日調査を終え、千葉大学病院(病院長 横手幸太郎)では、頭頸部がんの新たな治療法として、がんに対して強い攻撃力を持つ免疫細胞「NKT細胞」を用いた治療法の開発を進めてきましたが、このたび、さらなる生存率の改善に向けて、理化学研究所と連携し、iPS細胞からNKT細胞を作製した「iPS-NKT細胞」をヒトに投与する、世界初の治療法を医師主導治験として行うこととなりました。

続きを読む
https://00m.in/wwWF9

ニュース選定者:熊谷 知泰

国立研究開発法 日本医療研究開発機構
https://00m.in/C5bl2

×

リサーチのお願い