35歳以下の大腸がん患者の3分の1以上は遺伝性

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究により、大腸がんの診断を受けた思春期および若年成人の3分の1以上が、遺伝性のがんであることが明らかになった。
50歳未満の人の大腸がんが増えている状況下で発表された本研究の知見は、こうした患者に対する遺伝子カウンセリングの必要性を強調する結果となった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/52825.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事