奏功率93.5%――。がん治療薬としては驚異的な臨床試験成績を叩きだした分子標的薬アレクチニブ」。東京大学 大学院医学系研究科 教授の間野博行氏は、その開発をもたらした肺がんの原因遺伝子変異「EML4-ALK融合遺伝子」の発見者として知られる。

続きを読む
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/111500088/112300003/?ST=health&P=1

ニュース選定者:中島 香織
引用元:日経デジタルヘルス
http://techon.nikkeibp.co.jp/ndh/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »