【6月28日(金)/ 東京・日本橋】腎細胞がんセミナー参加申込受付中!

早期の大腸がん、腸内細菌から発見 8割の精度で判別


  • [公開日]2019.06.07
  • [最終更新日]2019.06.07

大阪大学の谷内田真一教授と東京工業大学の山田拓司准教授、慶応義塾大学の福田真嗣特任教授らは、大便の中にいる腸内細菌の種類から早期の大腸がんを見つける技術を開発した。約8割の精度で見つけられるという。

続きを読む
https://ux.nu/cViXj

ニュース選定者:渡邉 安李

日経電子版
https://www.nikkei.com/

×