がん患者や家族と語り合う「がん哲学外来」が兵庫県内で広がっている。医師らが臨床の現場を離れ、体の治療ではなく、不安や悩みを中心に耳を傾ける。日本人の2人に1人は、がんにかかる時代。死を意識した患者らが対話しながら、人生を考える場になっている。(森 信弘)

 「病気のこと、話していただけますか?」

続きを読む
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201609/0009538261.shtml

ニュース選定者:柳澤 昭浩 
引用元:神戸新聞NEXT
http://www.kobe-np.co.jp/


人気記事