国立がん研究センターは26日、国が指定する「がん診療連携拠点病院」の2014年の診療実績を公表した。
 公表した12のがんを、進行度を示す「病期(ステージ)」別にみると、膵臓(すいぞう)がん患者の4割が治療前の時点で最も重い「4期」に達していることが分かった。

 今回、従来公表している5大がん(大腸、胃、肺、乳、肝臓)に、膵臓がんや前立腺がんなど七つのがんを加えた。

続きを読む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00050086-yom-sci

ニュース選定者:中島 香織
引用元:YAHOO!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/


人気記事