「自分の体信じてみる」

がんとは何か。自分の体内で何が起きているのか。なぜ、がんになったのか――。これらがしっかりと 腑 に落ちれば、患者は「自己決定」の力を育める。そんな看護を実践する、東京都の訪問看護ステーションを訪ねた。

あすか山訪問看護ステーション(北区)の統括所長、平原優美さん(52)は、在宅療養に切り替えた肝臓がん末期の男性を担当した。50歳代半ばの会社経営者。妻と二人暮らしだ。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160913-OYTET50023/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:YOMIURI ONLINE yomiDr. ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/


人気記事