30歳でIT企業を興して経営者となった高山知朗さん。ところが猛烈に働いていた40歳の時に脳腫瘍、さらに42歳の時に白血病と、2回の異なるがんを経験します。5年生存率はそれぞれ25%と40%、かけ合わせると10%という低い確率です。
『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』では高山さんが2度の闘病経験から学んだ、病を生き抜くヒントを丁寧に解説しています。今回はその中から「前書き」を試し読みとして公開します。生存率10%を生き抜いた高山さんが選んだ、がん治療法とは!?

続きを読む
http://www.gentosha.jp/articles/-/6233

ニュース選定者:滝澤 宏隆 
引用元:
http://www.gentosha.jp/


人気記事