福島医大の大平哲也疫学講座教授らの研究チームは8日、県民健康調査の1回目の甲状腺検査を2015(平成27)年6月までに受けた人の結果などを基に、外部被ばく線量の異なる3地域で小児甲状腺がんの見つかる割合を比べた結果、地域による違いは見られなかったとする調査結果を公表した。

 福島医大は、震災後4年間の検査では外部被ばく線量と甲状腺がんの発見に関連が見られないことから、今後も追跡調査を続ける方針だ。

続きを読む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00010000-minyu-l07

ニュース選定者:中島 香織
引用元:YAHOO JAPAN ニュース
http://news.yahoo.co.jp/


人気記事