非小細胞肺癌の脳転移があり切除や定位放射線療法が適さない患者に、デキサメタゾンと支持療法に加えて全脳照射を行っても、若年者以外はデキサメタゾンと支持療法のみの場合に比べて、QALY(質調整生存年)、全生存期間OS)、QOLに大きな改善が認められないことが明らかとなった。フェーズ3試験QUARTZの結果示されたもの。Lancet誌Online版に9月4日に掲載されるとともに、9月3日から7日までロンドンで開催されている欧州呼吸器学会議(ERS2016)で英国Northern Centre for Cancer CareのPaula Mulvenna氏によって発表された。

続きを読む
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/news/201609/548214.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:がんナビ
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »