甲状腺未分化がん

迅速な評価や臨床試験が患者の転帰を改善

甲状腺未分化がんは極めて進行が速く、診断から1年間生存する患者は20%にすぎない。このため、患者を迅速に評価し治療することが必要となる。テキサス大学MDアンダーソンがんセンターのプログラムにより、この治療困難ながんを抱える患者が、有望な新治療法を行う臨床試験への参加も含めて、可能な限り最良の治療を受けられるように、ケアの迅速化が進められている。


続きを読む
http://www.cancerit.jp/39041.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事