フォトダイナミックセラピー(PDT)は、ここロズウェルパーク癌研究所(Roswell Park Cancer Institute:RPCI)で開発されました。ここPDT Centerは、あらゆる癌を治療するフォトダイナミックセラピーの使用において世界的リーダーです。

Rosewell Park Cancer Institut(RPCI)は、臨床、前臨床PDT研究を行っています。PDTとは、固形腫瘍のがん細胞を破壊するためフォトセンシタイザーと呼ばれる光感受性物質と可視光を用いた比較的新しい、2ステップ治療です。光感受性物質であるフォトフリン(PhotofrinR)を用いたPDT治療は、世界中の他の規定薬同様、FDAによってさまざまな悪性腫瘍の治療に承認されました。現在のところ、他にもいくつかの光感受性物質がここRPCIで、いくつかの癌において評価中です。これらの新たな光感受性物質はフォトフリンにも増して効力を現すかもしれません。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/5568.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事