フォトダイナミックセラピー(PDT)は、ここロズウェルパーク癌研究所(Roswell Park Cancer Institute:RPCI)で開発されました。ここPDT Centerは、あらゆる癌を治療するフォトダイナミックセラピーの使用において世界的リーダーです。

Rosewell Park Cancer Institut(RPCI)は、臨床、前臨床PDT研究を行っています。PDTとは、固形腫瘍のがん細胞を破壊するためフォトセンシタイザーと呼ばれる光感受性物質と可視光を用いた比較的新しい、2ステップ治療です。光感受性物質であるフォトフリン(PhotofrinR)を用いたPDT治療は、世界中の他の規定薬同様、FDAによってさまざまな悪性腫瘍の治療に承認されました。現在のところ、他にもいくつかの光感受性物質がここRPCIで、いくつかの癌において評価中です。これらの新たな光感受性物質はフォトフリンにも増して効力を現すかもしれません。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/5568.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »