日本癌(がん)治療学会は七月、若いがん患者が治療後に子どもを持つ可能性を残すための方法を示したガイドライン(指針)をまとめた。これまでは、生殖医療に関するがん治療医の知識不足や、生殖医療専門医との連携不足などが原因で、患者に不妊の可能性を伝えていない例が少なくなかった。

続きを読む
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201710/CK2017100302000167.html

ニュース選定者:柳澤 昭浩
引用元:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/


人気記事