島根大医学部付属病院は23日、遺伝性乳がん・卵巣がんの30歳代の女性に対し、発症前に行うリスク低減卵巣卵管切除術を今月、山陰で初めて実施したと発表した。米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝的に乳がんや卵巣がんになりやすいとして、乳房切除と卵巣摘出を行ったことで注目され始めた手術。同院では、遺伝子検査からカウンセリングを経て切除までを行う体制が整った。

続きを読む
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20170823-OYTNT50233.html

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/?from=ylogo_l


人気記事