がんの患者が、抗がん剤や放射線による治療で不妊になる危険性がどのくらいあるのか判定し、患者が希望すれば、将来子どもを持てる可能性を残せるよう卵子や精子を凍結保存しておく取り組みを、滋賀医科大学附属病院など滋賀県内の19の医療機関が来月から始めることになりました。

続きはコチラ(外部サイト)

出典:NHK NEWS WEB


人気記事