「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

術後補助療法

ステージII/IIIの食道/食道胃接合部がんに対する術後補助療法としてのオプジーボ単剤療法、無病生存期間を統計学的有意に改善

2021.04.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージII/IIIの食道/食道胃接合部がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのオプジーボ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・無病生存期間はオプジーボ単剤群22 ...

免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ、尿路上皮がんのアジュバント療法の適応追加承認を申請

2021.04.06

  • ニュース

3月31日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、尿路上皮がんにおける術後補助(アジュバント)療法の適応追加承認 ...

HER2陽性の早期乳がんに対するアジュバント療法としてパージェタ+ハーセプチン併用療法、6年無浸潤疾患生存率91%を示す

2021.03.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の早期乳がん患者が対象の第3相試験 ・アジュバンド療法としてのパージェタ+ハーセプチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・6年無浸潤疾患生存率91%を示した ...

リムパーザのOlympia試験の成功は乳がんでの処方を拡大する可能性

2021.03.03

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   このPARP阻害剤は、アジュバント ...

BRCA遺伝子変異陽性HER2陰性高リスク早期乳がんに対する術後補助療法としてのリムパーザ単剤療法、無浸潤疾患生存期間の優越性を示し早期解析へ

2021.03.02

  • ニュース

2月17日、英アストラゼネカ社は、生殖細胞系列BRCA遺伝子変異陽性ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の高リスク早期乳がんの患者を対象にリムパーザ(一般名:オラパリブ、以下リムパーザ)単剤療法の ...

オプジーボ、食道がんに対するアジュバンド療法としての適応拡大を申請

2021.02.19

  • ニュース

2月18日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、食道がんの術後補助(アジュバンド)療法としての適応拡大の申請を ...

完全切除後のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する術後補助療法としてのタグリッソ単剤療法、無病生存期間を改善

2021.02.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・完全切除したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのタグリッソ単剤の有効性・安全性を比較検証 ・術後補助療法としての化学療法治療歴 ...

治癒切除後のステージIII胃がんに対する術後補助化学療法としてのTS-1+ドセタキセル併用療法、3年無再発生存率67.7%を示す

2021.02.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治癒切除後のステージIII胃がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助化学療法としてのTS-1+ドセタキセル併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・3年無再発生存率67.7%でT ...

完全切除後のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する術後療法としてタグリッソ単剤療法、無病生存期間を統計学有意に改善

2020.11.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・完全切除後のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・術後療法としてのタグリッソ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・プラセボ群と比較して、病勢進行また ...

切除後の食道がん/胃食道接合部がんに対する術後補助療法としてオプジーボ、無病生存期間を達成

2020.08.21

  • ニュース

8月11日、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、切除後の食道がんまたは胃食道接合部(GEJ)がんの術後補助療法としてPD-1免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ(一般名ニボルマブ、以下オプジーボ ...