「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」改訂のお知らせ

術後補助療法

閉経後のホルモン受容体陽性早期乳がん患者に対する術後療法としてのデノスマブ単剤療法、臨床的骨折、骨標的病変内無増悪生存期間を改善

2022.06.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・閉経後のホルモン受容体陽性早期乳がん患者が対象の第3相試験 ・デスノマブ単剤療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証 ・臨床的骨折を24%、骨標的病変内無増悪生存リスクを1 ...

テセントリク、非小細胞肺がんに対する術後補助療法の承認を取得、NSCLCの術後補助療法として初のがん免疫療法に

2022.06.07

  • ニュース

5月26日、中外製薬株式会社は、「PD-L1陽性の非小細胞肺がんにおける術後補助療法を適応症として抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体/抗悪性腫瘍剤であるテセントリク点滴静注1200mg(一般名:アテ ...

ステージIII結腸がんに対するアジュバント療法としてのmFOLFOX6療法またはCAPOX療法、治療期間による有効性の差は認められず

2022.05.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージIII結腸がん患者が対象の第3相試験 ・アジュバント療法としてmFOLFOX6療法/CAPOX療法を3ヶ月または6ヶ月投与した際の有効性・安全性を比較検証 ・全生存 ...

完全切除後胆道がんに対する術後補助療法としてのカペシタビン単剤療法、全生存期間を改善

2022.04.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・完全切除後胆道がん患者が対象の第3相試験 ・カペシタビン単剤療法の有効性・安全性を経過観察と比較検証 ・カペシタビン単剤群49.6ヶ月であり、経過観察群(36.1ヶ月)に対 ...

オプジーボ、尿路上皮がんの術後補助療法の適応取得

2022.04.04

  • ニュース

3月28日、小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、ヒトPD-1モノクローナル抗体のオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、尿路上皮がんにおける術後補助療法 ...

BRCA遺伝子変異陽性HER2陰性高リスク早期乳がんに対する術後補助療法としてのリムパーザ単剤療法、全生存期間を延長

2022.03.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・BRCA遺伝子変異陽性HER2陰性高リスクの早期乳がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのリムパーザ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・全生存期間はプラセボ単剤 ...

腎細胞がんに対する術後補助療法としてのキイトルーダ単剤療法、24ヶ月無増悪生存率78.3%を示す

2022.03.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証 ・無病生存期間はキイトルーダ単剤群で統計学的有意に改善し、 ...

再発リスクの高い頭頸部がんに対する術後補助療法、シスプラチン毎週投与+放射線治療が新たな標準療法に

2022.03.04

  • ニュース

JCOG頭頸部がんグループによるランダム化比較第2/3相試験 3月2日、国立がん研究センターは、術後再発リスクの高い頭頸部がん患者を対象に実施したシスプラチン毎週投与+放射線治療について、標準治療であ ...

未治療の早期トリプルネガティブ乳がんに対する術前化学療法としてのキイトルーダ+化学療法併用、無イベント生存期間を統計学的有意に改善

2022.02.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第3相試験 ・術前化学療法としてキイトルーダ+化学療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・36ヶ月無イベント生存率はキイ ...

ティーエスワン、乳がんに対する術後補助化学療法の適応追加を申請

2022.02.18

  • ニュース

2月14日、大鵬薬品工業株式会社は、経口抗がん剤のティーエスワンについて、乳がんにおける術後補助化学療法を適応として厚生労働省に適応追加申請を行ったと発表した。 日本国内における女性の乳がんの新規罹患 ...

肝限局転移性大腸がんに対する肝切除後のアジュバント療法としてのmFOLFOX6療法、5年無病生存率を延長も全生存期間の改善は認められず

2021.09.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・肝限局転移性大腸がん患者が対象の第2/3相試験 ・肝切除後のアジュバント療法としてのmFOLFOX6療法の有効性・安全性を肝切除のみと比較検証 ・5年無病生存率は肝切除+m ...

タグリッソ、EGFR遺伝子変異陽性の早期肺がんに対する術後補助療法の適応で一変申請

2021.09.01

  • ニュース

8月30日、アストラゼネカ株式会社は、上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤であるタグリッソ(一般名:オシメルチニブ、以下タグリッソ)について、EGFR遺伝子変異陽性の早期非小細胞肺がん ...

ステージII/IIIの食道/食道胃接合部がんに対する術後補助療法としてのオプジーボ単剤療法、無病生存期間を統計学的有意に改善

2021.04.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージII/IIIの食道/食道胃接合部がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのオプジーボ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・無病生存期間はオプジーボ単剤群22 ...

免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ、尿路上皮がんのアジュバント療法の適応追加承認を申請

2021.04.06

  • ニュース

3月31日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、尿路上皮がんにおける術後補助(アジュバント)療法の適応追加承認 ...

HER2陽性の早期乳がんに対するアジュバント療法としてパージェタ+ハーセプチン併用療法、6年無浸潤疾患生存率91%を示す

2021.03.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の早期乳がん患者が対象の第3相試験 ・アジュバンド療法としてのパージェタ+ハーセプチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・6年無浸潤疾患生存率91%を示した ...

リムパーザのOlympia試験の成功は乳がんでの処方を拡大する可能性

2021.03.03

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   このPARP阻害剤は、アジュバント ...

BRCA遺伝子変異陽性HER2陰性高リスク早期乳がんに対する術後補助療法としてのリムパーザ単剤療法、無浸潤疾患生存期間の優越性を示し早期解析へ

2021.03.02

  • ニュース

2月17日、英アストラゼネカ社は、生殖細胞系列BRCA遺伝子変異陽性ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の高リスク早期乳がんの患者を対象にリムパーザ(一般名:オラパリブ、以下リムパーザ)単剤療法の ...

オプジーボ、食道がんに対するアジュバンド療法としての適応拡大を申請

2021.02.19

  • ニュース

2月18日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、食道がんの術後補助(アジュバンド)療法としての適応拡大の申請を ...

完全切除後のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する術後補助療法としてのタグリッソ単剤療法、無病生存期間を改善

2021.02.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・完全切除したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのタグリッソ単剤の有効性・安全性を比較検証 ・術後補助療法としての化学療法治療歴 ...

治癒切除後のステージIII胃がんに対する術後補助化学療法としてのTS-1+ドセタキセル併用療法、3年無再発生存率67.7%を示す

2021.02.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治癒切除後のステージIII胃がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助化学療法としてのTS-1+ドセタキセル併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・3年無再発生存率67.7%でT ...