「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」改訂のお知らせ

ステージIII結腸がんに対するアジュバント療法としてのmFOLFOX6療法またはCAPOX療法、治療期間による有効性の差は認められずJournal of Clinical Oncologyより


  • [公開日]2022.05.23
  • [最終更新日]2022.05.20
この記事の3つのポイント
ステージIII結腸がん患者が対象の第3相試験
アジュバント療法としてmFOLFOX6療法/CAPOX療法を3ヶ月または6ヶ月投与した際の有効性安全性を比較検証
全生存期間は3ヶ月間投与群の87.0%に対して6ヶ月間投与群で86.4%と、両群間での差は認められず、
 末梢神経障害(PN)発症率も有効性と同様の結果だった

5月5日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にてステージIII結腸がん患者に対するオキサリプラチン、フッ化ピリミジン系製剤系ベースのアジュバント療法の有効性、安全性を比較検証した第3相のACHIEVE試験の最終解析結果が国立がん研究センター東病院の吉野孝之氏らにより公表された。

ACHIEVE試験は、ステージIII結腸がん患者(N=1291人)に対するアジュバント療法としてmFOLFOX6療法またはCAPOX療法を3ヶ月間実施する群(N=650人)、mFOLFOX6療法またはCAPOX療法を6ヶ月間実施する群(N=641人)に1対1の割合で無作為に振り分け、主要評価項目として無病生存期間DFS)、副次評価項目として全生存期間(OS)を比較検証した第3相試験である。

本試験のフォローアップ期間中央値74.7ヶ月時点における結果は下記の通りである。副次評価項目である5年全生存率(OS)はmFOLFOX6療法またはCAPOX療法3ヶ月間投与群の87.0%に対してmFOLFOX6療法またはCAPOX療法6ヶ月間投与群で86.4%を示した(HR:0.91、95%信頼区間:0.69-1.20、P=0.51)。また、サブグループ解析の結果、患者背景、治療期間による全生存期間(OS)の差は確認されなかった。

一方の安全性として、5年以上続いた末梢神経障害(PN)は3ヶ月間投与群の8%に対して6ヶ月間投与群で16%、mFOLFOX6療法群の14%に対してCAPOX療法群で11%を示した。

以上のACHIEVE試験の結果より吉野孝之氏らは「ステージIII結腸がん患者に対するオキサリプラチン、フッ化ピリミジン系製剤系ベースのアジュバント療法は、投与期間3ヶ月間、6ヶ月間により有効性に差は確認されませんでした。また、末梢神経障害(PN)発症率も有効性と同様の結果でした。以上の結果より、本疾患の治療としてはCAPOX療法3ヶ月間の治療が適切です」と結論を述べている。

Final Analysis of 3 Versus 6 Months of Adjuvant Oxaliplatin and Fluoropyrimidine-Based Therapy in Patients With Stage III Colon Cancer: The Randomized Phase III ACHIEVE Trial(J Clin Oncol. 2022 May 05;JCO.21.02628. doi: 10.1200/JCO.21.02628.)

×

大腸がんの治験・臨床試験広告

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。