「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

免疫チェックポイント阻害薬

転移性悪性黒色腫に対するファーストライン治療としてのBempegaldesleukin+オプジーボ併用療法、客観的奏効率52.6%を示す

2021.07.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のステージIII/IV悪性黒色腫(メラノーマ)患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのBempegaldesleukin+抗PD-1抗体薬オプジーボ併用 ...

ESMOバーチャルプレナリー 2021-周術期のキイトルーダに二度目の幸運

2021.07.28

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   米メルク社のKeynote-522 ...

ステージIIIAの非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのシスプラチン+ドセタキセル+イミフィンジ併用療法、1年無イベント生存率73%を示す

2021.07.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージIIIA非小細胞肺がんが対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのシスプラチン+ドセタキセル+イミフィンジ併用療法の有効性・安全性を検証 ・1年無イベント生存率73% ...

切除可能進行性直腸がんに対する術前化学放射線療法としてのカペシタビン+放射線療法+バベンチオ、病理学的奏効率23%を示す

2021.07.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・切除可能進行性直腸がん患者が対象の第2相試験 ・カペシタビン+放射線療法+バベンチオ併用療法の有効性・安全性を検証 ・病理学的完全奏効率は23%、病理学的奏効率は60%を示 ...

移植適応のある再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫に対するキイトルーダ+ゲムシタビン+ビノレルビン+リポソーム化ドキソルビシン併用療法、大量化学療法/自家造血幹細胞移植への前治療として効果を示す

2021.07.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・移植適応のある再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ+ゲムシタビン+ビノレルビン+リポソーム化ドキソルビシン併用療法の有効性・安全性を検証 ...

再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫に対するチスレリズマブ単剤療法の3年フォローアップ解析、客観的奏効率87.1%を示す

2021.07.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・Tislelizumab(チスレリズマブ)単剤/併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・3年長期フォローアップ解析 ...

再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫に対するカムレリズマブ単剤療法の3年フォローアップ解析、客観的奏効率76.0%を示す

2021.07.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性古典的ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・Camrelizumab(カムレリズマブ)単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・3年フォローアップ解析の結果、客 ...

治療抵抗性、再発または転移性子宮頸がんに対するファーストライン治療としてのキイトルーダ+化学療法、全生存期間と無増悪生存期間を延長

2021.07.05

  • ニュース

6月22日、米Merck社は、治療抵抗性、再発または転移性子宮頸がんのファーストライン治療として抗PD-1抗体薬であるキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ、以下キイトルーダ)+化学療法の有効性と安全 ...

FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル、高頻度マイクロサテライト不安定性を有するがんのコンパニオン診断として承認取得

2021.06.29

  • ニュース

6月22日、中外製薬株式会社は遺伝子変異解析プログラムである「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)を有するがんに対するオ ...

オプジーボ、切除不能な進行/再発非小細胞肺がんに対するベバシズマブ+化学療法との併用療法が可能に

2021.06.28

  • ニュース

6月21日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体であるオプジーボ点滴静注(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)について、既に承認されている「切除不能な進行・再発の非小細胞肺が ...

早期トリプルネガティブ乳がんに対する術前化学療法としてのイミフィンジ+化学療法、病理学的完全奏効率53.4%を示す

2021.06.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのイミフィンジ+化学療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証 ・病理学的完全奏効率53.4%であり、 ...

抗PD-1/PD-L1抗体薬後に病勢進行した進行性悪性黒色腫に対するレンビマ+キイトルーダ併用療法、客観的奏効率21.4%を示す

2021.06.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・抗PD-1/PD-L1抗体薬後に病勢進行した進行性悪性黒色腫患者が対象の第2相試験のアップデート解析結果 ・レンビマ+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏 ...

高頻度マイクロサテライト不安定性またはミスマッチ修復機構欠損がある転移性大腸がんに対するファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法、無増悪生存期間16.5ヶ月を示す

2021.06.22

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復機構欠損(dMMR)がある転移性大腸がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのキイトルーダ ...

早期非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてオプジーボ+化学療法、根治的手術施行率83%を示す

2021.06.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・術前化学療法としてオプジーボ+化学療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・根治的手術施行率はオプジーボ+化学療法群83%であ ...

切除不能進行性/再発転移性食道扁平上皮がんに対するファーストライン治療としてのオプジーボ+ヤーボイ/化学療法、全生存期間を改善

2021.06.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・切除不能進行性/再発転移性食道扁平上皮がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ/化学療法併用療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・PD-L1陽性患者における ...

進行性非小細胞肺がんに対するファーストライン治療としてのオプジーボ+ヤーボイ+化学療法、全生存期間15.8ヶ月を示す

2021.06.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてオプジーボ+ヤーボイ+化学療法併用療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・全生存期間15.8ヶ月 ...

同時化学放射線療法後に増悪が認められなかった切除不能局所進行性非小細胞肺がんに対するイミフィンジ単剤療法、全生存期間と無増悪生存期間を延長

2021.06.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・白金製剤を用いた同時化学放射線療法後に増悪が認められなかった切除不能局所進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験の5年フォローアップ解析 ・イミフィンジ単剤療法の有効性・ ...

早期非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのイミフィンジ+定位放射線治療併用療法、病理学的奏効率53.3%を示す

2021.06.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのイミフィンジ+定位放射線治療併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・病理学的奏効率はイミフィンジ+定位放射線治 ...

ヘッジホッグ経路阻害薬治療後の局所進行性基底細胞がんに対するCemiplimab単剤療法、客観的奏効率31%を示す

2021.06.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ヘッジホッグ経路阻害薬治療後の局所進行性基底細胞がん患者が対象の第2相試験の一次解析 ・Cemiplimab(セミプリマブ)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は ...

オプジーボ+ヤーボイ併用療法、切除不能な進行/再発悪性中皮腫に対する適応で追加承認

2021.05.31

  • ニュース

5月27日、小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、抗PD-1抗体薬「オプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)」と抗CTLA-4抗体薬「ヤーボイ(一般名:イピリムマブ ...