【4/3(金)開催 希少がんセミナー『脳腫瘍~小児から成人~』申込み受付中!】

免疫チェックポイント阻害薬

未治療の進行性/転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ+アリムタ+化学療法、患者報告アウトカムが改善

2020.02.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性/転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者を対象とした第3相試験 ・キイトルーダ+アリムタ+化学療法の有効性・安全性を患者報告アウトカムによって検証 ・患者報告に基 ...

導入化学療法後の切除不能な局所進行性または転移性HER2陰性胃/胃食道接合部がん患者に対する維持療法としてのバベンチオ、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2020.02.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・導入化学療法後の切除不能な局所進行性または転移性HER2陰性胃/胃食道接合部がん患者を対象とした第3相試験 ・バベンチオ単剤療法の有効性・安全性を導入化学療法の継続投与と比 ...

進行性固形がん患者に対するキイトルーダ+レンビマ併用療法、臨床的に意義のある抗腫瘍効果

2020.02.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腎細胞がんや子宮内膜がんなど進行性固形がん患者を対象とした第1/2相試験 ・抗PD-1抗体薬キイトルーダ+レンビマ併用療法の有効・安全性を検証 ・客観的奏効率は腎細胞がんで ...

複数治療歴のある進行性肛門扁平上皮がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、客観的奏効率11.6%を示す

2020.02.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MSI-HまたはdMMRがある未治療転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は60%を示し、65歳未満では ...

PD-L1陽性の進行性胃がん/食道胃接合部がん患者に対する1〜3次治療としてのキイトルーダ単剤療法、臨床的意義のある持続的な抗腫瘍効果

2020.02.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1陽性の進行性胃がん/食道胃接合部がん患者を対象とした3試験の結果 ・抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・

サルコーマ患者に対するキイトルーダ+腫瘍溶解性ウイルスIMLYGIC、24週時点における客観的奏効率30%を示す

2020.02.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行性または転移性肉腫(サルコーマ)患者を対象とした第2相試験 ・抗PD-1抗体薬キイトルーダ+腫瘍溶解性ウイルスであるIMLYGIC併用療法の有効性・安全性を比較検証 ...

HER2陰性PD-L1陰性の進行性胃がん患者に対するファーストライン治療としてのS-1+オキサリプラチン+キイトルーダ、客観的奏効率72.2%を示す

2020.02.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陰性PD-L1陰性の進行性胃がん患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのS-1+オキサリプラチン+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性を検証 ・フォロ ...

高頻度マイクロサテライト不安定性またはミスマッチ修復機構欠損がある未治療転移性大腸がん患者に対するファーストライン治療としてのオプジーボ+低用量ヤーボイ、客観的奏効率60%を示す

2020.02.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MSI-HまたはdMMRがある未治療転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は60%を示し、65歳未満では ...

カボメティクスほか抗がん剤4製品の承認を了承、オプジーボの食道がん適応追加も

2020.02.04

  • ニュース

1月29日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、新薬を含む5製品の承認することを了承した。うち、抗がん剤関連は4製品。また報告事項※として、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ(一般名:ニ ...

がん治療薬の効きやすさ、血液で予測 京大チームが成功

2020.02.04

  • ピックアップ

肺がん患者の血液を調べ、治療薬「オプジーボ」が効きやすいかどうか調べることに、京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授らのチームが成功した。 続きを読む https://00m.in/qVynt ニュ ...

進行性肝細胞がん患者に対するオプジーボ+カボザンチニブ+ヤーボイ併用療法、客観的奏効率26%を示す

2020.02.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性肝細胞がん患者が対象の第1/2相試験 ・オプジーボ+カボザンチニブ±ヤーボイ併用療法の有効性・安全性の比較検証 ・客観的奏効率はトリプレット療法で26%を示し、無増悪 ...

イミフィンジとトレメリムマブ、米国で肝細胞がんに対する希少疾病用医薬品指定を取得

2020.01.29

  • ニュース

2020年1月20日(現地時間)、英アストラゼネカ社は、デュルバルマブ(一般名:イミフィンジ)および新薬候補である抗CTLA4抗体のトレメリムマブが、肝細胞がん(HCC)の治療薬として、米国で希少疾病 ...

進行性固形がん患者に対する抗PD-1/PD-L1抗体薬や抗CTLA-4抗体薬などの免疫チェックポイント阻害薬は標準化学療法に比べてグレード3以上の有害事象発症率は低率

2020.01.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性固形がん患者を対象に標準化学療法と免疫チェックポイント阻害薬の有害事象発症率を比較検証 ・主要評価項目であるグレード3以上の有害事象発症率は免疫チェックポイント阻害薬 ...

進行胃がん患者に対するレンビマ+キイトルーダ併用療法、奏効率69%示す

2020.01.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性胃がん患者が対象の第2相試験 ・レンビマ+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性を検証 ・奏効率は69% を示し、病勢コントロール率は100%だった 2020年1月23 ...

進行固形がんに対するキイトルーダ治療にレンビマ追加で効果増強

2020.01.28

  • ニュース

腎細胞がん(RCC)や子宮内膜がんなどのいくつかの固形がんで、抗PD-1モノクローナル抗体の免疫チェックポイント阻害薬ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)のにマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブ(商品名 ...

プラチナ製剤抵抗性の進行・再発卵巣がんを対象にオプジーボを評価した第3相臨床試験結果を発表

2020.01.27

  • ニュース

2020年1月24日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体ニボルマブ(商品名:オプジーボ 以下、オプジーボ)について、プラチナ製剤抵抗性の進行または再発卵巣がん患者を対象に同 ...

筋層浸潤尿路上皮がん患者を対象としたテセントリクの第3相臨床試験結果を発表

2020.01.27

  • ニュース

2020年1月24日(スイス・バーゼル現地時間)、ロシュ社は、筋層浸潤尿路上皮がん患者(MIUC: muscle-invasive urothelial carcinoma)を対象に、アテゾリズマブ( ...

標準治療の適応がない皮膚の局所進行性扁平上皮がん患者に対するセミプリマブ単剤療法、客観的奏効率44%を示す

2020.01.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・標準治療の適応がない皮膚の局所進行性扁平上皮がん患者が対象の第2相試験 ・セミプリマブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・主要評価項目である客観的奏効率は44%と、良好な抗腫 ...

抗PD-1抗体薬キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者、免疫関連有害事象の発現で無再発生存期間が改善

2020.01.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者が対象の第3相試験 ・免疫関連有害事象と無再発生存期間の関係性について検証 ・免疫関連有害事象を発現した患者におい ...

オプジーボとヤーボイの併用療法、1stラインの非小細胞肺がんに対するブリストル・マイヤーズスクイブ社の申請をFDAが優先審査受理

2020.01.20

  • ニュース

2020年1月15日(現地時間)、ブリストル・マイヤーズスクイブ社(本社:米国)は、米国食品医薬品局(FDA)が、EGFRやALK遺伝子変異陰性の進行または再発の非小細胞肺がん(NSCLC)患者のファ ...