テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの婦人腫瘍および生殖医学科の研究者が、2016年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で、婦人科がんの標準治療に変化をもたらす進展について発表。

進行性および再発性の子宮体がんに対し、分子標的薬であるエベロリムスとレトロゾールの併用療法に、糖尿病治療薬のメトフォルミンを加えることは臨床的上有益である.

続きを読む
http://www.cancerit.jp/40831.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事