【6月28日(金)/ 東京・日本橋】腎細胞がんセミナー参加申込受付中!

がん抑制タンパク質p16


  • [公開日]2018.03.09
  • [最終更新日]2018.03.09

がんの発生を抑制する機能を持つタンパク質。
(がん抑制タンパク質)をコードする遺伝子である(がん抑制遺伝子)。
これまでに10種類以上のがん抑制遺伝子が知られており、その1つがp16であり、p16は細胞周期の調整に重要な役割を果たしており、p16に変異が生じると様々な癌、特にメラノーマ(悪性黒色腫)の発生のリスクを高めていると言われている。

×