がんの発生を抑制する機能を持つタンパク質。
(がん抑制タンパク質)をコードする遺伝子である(がん抑制遺伝子)。
これまでに10種類以上のがん抑制遺伝子が知られており、その1つがp16であり、p16は細胞周期の調整に重要な役割を果たしており、p16に変異が生じると様々な癌、特にメラノーマ(悪性黒色腫)の発生のリスクを高めていると言われている。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »