二重盲検とは、治験に参加された患者さんは勿論のこと、治験に係わる医師や治験コーディネーターやその他の病院スタッフ、薬剤を開発している製薬会社の関係者など、その治験にかかわる全ての関係者が患者さんがどの治験薬を使用しているかをわからなくする手法のことです。これにより関係者の思い込み(プラセボ効果といいます)を取り除くことができます。

二重盲検試験とは、この手法を行う臨床試験のことです。生活習慣病などの臨床試験はこの手法を取ることが多いですが、がん分野の臨床試験は患者さんの安全性等の観点よりこの手法を取らないことも多いです。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »