皮膚がんの一種の「悪性黒色腫(メラノーマ)細胞」を抑制する新たな化合物を発見したと、近畿大学の研究チームが発表した。
この化合物は、がん化した細胞を標的として作用するため、副作用の少ない抗がん剤の開発につながることが期待されるという。

続きを読む
https://www.j-cast.com/healthcare/2017/05/14297560.html?p=all

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:J-CASTヘルスケア
https://www.j-cast.com/healthcare/


人気記事