米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、本日、2016年ASCO年次総会の公式報道向けプログラムを発表した。注目演題では、従来の治療をさらに患者に有益にする新規アプローチに加え、高精度医療(precision medicine)と免疫療法における進展に焦点を当てる。

6月3~7日にシカゴで開催される今年のASCO年次総会は、世界中から30,000人もの腫瘍専門家が参集する。2016年の年次総会のテーマは「叡智の集結:患者中心ケア・研究の未来」とし、さまざまな専門分野、がん腫、治療アプローチそしてビッグデータ技術の知識の融合が本領域の発展に必須であることを強調している。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/38857.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事