腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

遺伝性大腸がんを特定する遺伝子検査の有用性


  • [公開日]2017.03.13
  • [最終更新日]2017.03.13

1000人以上の大腸がん患者を対象としたダナファーバーがんセンターの新たな研究の結果、全体で約10%という驚くべき割合の患者が、がん感受性を高める(がんを発症しやすくなる)と考えられる遺伝子変異を有することがわかった。
大腸がん患者の治療および高リスク家系での大腸がん予防において、遺伝的リスクを特定する遺伝子検査のより大きな役割が本研究で示唆された。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/54640.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×