腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

ゲノム医療を用い、新たながん治療の開発を進める
-国立がん研究センター理事長としての志


  • [公開日]2017.03.01
  • [最終更新日]2017.03.01

医療は日進月歩のスピードで発展しており、がん治療後の生存率も数十年前とは比較にならないほど向上しました。しかし、依然としてがんは日本人の死亡原因1位を占めており、そのなかには治療法が確立されていないがんも存在します。昨年2016年に国立がん研究センターの理事長に就任された中釜斉先生は、ゲノム医療が、がんの新たな治療を開発するカギになるとおっしゃいます。

続きを読む
https://sp.medicalnote.jp/contents/170223-007-WB

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:Medical Note
https://sp.medicalnote.jp/

×