がんと診断された場合、7割近くの人が「病院・診療所の医師・看護師、がん診療連携拠点病院以外の相談窓口」から治療法や病院についての情報を入手しており、また40代以下の比較的若い世代では「インターネット(国立がん研究センターのがん情報サービス以外)」による情報入手も活用している―。

続きを読む
http://www.medwatch.jp/?p=12170

ニュース選定者:下川床 和真 
引用元:メディ・ウォッチ
http://www.medwatch.jp/


人気記事