【プレゼントキャンペーン】がん研有明病院 高野先生書籍「がんとともに、自分らしく生きる~希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ~」

輸血も在宅で可能 不快症状が改善して余命が延びる人もいる


  • [公開日]2021.01.21
  • [最終更新日]2021.01.21

「そんなことまで在宅でできるの?」と驚かれる医療のひとつに、輸血があります。
輸血は手術や事故などで大量出血した時のほか、病気や抗がん剤の副作用で血液の成分をつくれない時、血液の成分が大量に消費される時、血液の成分が壊される時などに行われます。
患者さんの負担をより軽くする意味合いから、輸血は在宅医療に非常に適していると私は考えています。

続きを読む
https://ux.nu/Wc9dJ

ニュース選定者:中島 香織

日刊ゲンダイヘルスケア
https://hc.nikkan-gendai.com/

×