「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

がん治療薬選択に新解析法導入へ 岡山大病院 遺伝子変異を高精度で


  • [公開日]2020.11.28
  • [最終更新日]2020.11.27

岡山大病院は12月1日から、がん患者の遺伝子変異を解析し、治療薬の選択に役立てる「遺伝子パネル検査」で、米国で開発された高精度の検査キットを試験導入する。
1回に調べられる遺伝子は523種類で国内最多級という。2022年3月末まで。

続きを続む
https://ux.nu/Z1IM5

ニュース選定者:山﨑 和樹

山陽新聞デジタル
https://www.sanyonews.jp/

×