新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

冤罪で刑務所に29年…ステージ4の末期がん…余命3ヵ月と宣告された73歳男性が、それでも超ポジティブに生きるワケ


  • [公開日]2020.10.27
  • [最終更新日]2020.10.26

遺言を作りたいのは、茨城県水戸市に住む桜井昌司さん。
昨年の夏に受けた検診で大腸にステージ4の末期がんが見つかったのです。
しかし当の本人は、「がんになったからって、なんで目の前が真っ暗になるの? “死”を意識して生きることによってまた何かを得るかもしれない。ある意味ラッキーな宣告を受けた」と、超ポジティブ思考。

続きを読む
https://ux.nu/7UhJO

ニュース選定者:中島 香織

テレ東プラス
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/

×

リサーチのお願い