5年生存率は70%に 子どもに多い希少がん「骨肉腫」


  • [公開日]2020.10.20
  • [最終更新日]2020.10.20

骨にじかに発生する悪性腫瘍・がんのうち、最も頻度が高いのが骨肉腫です。
とはいえ、発生頻度は人口100万人当たり年に2~3人、全てのがんのうちの0・2%程度と少なく、希少がんの一つとされています。
骨の成長時期である15歳前後のひざや股関節、肩などの近くに生じることが多いのが特徴です。

続きを読む
https://ux.nu/CnPM1

ニュース選定者:中島 香織

アピタル
http://www.asahi.com/apital/

×