新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

胃癌の約10%を占めるEBウイルス胃癌の原因を解明 感染ウイルスが、眠っていたゲノム領域を叩き起こして発癌させていた


  • [公開日]2020.07.30
  • [最終更新日]2020.07.30

千葉大学大学院医学研究院 金田篤志教授、国立シンガポール大学医学部 パトリック・タン教授らの研究グループは、エプスタインバー(EB)ウイルス胃癌について、ウイルス感染がどのように胃癌を引き起こすかのメカニズムを解明しました。

続きを読む
https://00m.in/ceoZB

ニュース選定者:関根 南々帆

千葉大学
https://00m.in/RMtaa

×

リサーチのお願い