新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

オプジーボなどがん免疫薬、コロナ重症化リスク高める公算-研究


  • [公開日]2020.06.27
  • [最終更新日]2020.06.26

米メルクの「キイトルーダ」やブリストル・マイヤーズスクイブと小野薬品工業の「オプジーボ」など、がん細胞の防御壁を壊す「免疫チェックポイント阻害薬(ICI)」で治療中のがん患者は、新型コロナウイルスに感染した場合、呼吸器合併症で入院する可能性が高くなることが、新たな研究で明らかになった。

続きを読む
https://00m.in/NqWhQ

ニュース選定者:高橋 ミカ

Bloomberg
https://00m.in/otXzO

×

リサーチのお願い