新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

「がん遺伝子」として働くのか?組換え酵素Rad52が染色体異常を引き起こすことを発見


  • [公開日]2020.06.04
  • [最終更新日]2020.06.03

大阪大学大学院理学研究科の中川拓郎准教授らの研究グループは、東京工業大学科学技術創成研究院の岩﨑博史教授、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の仁木宏典教授、明星大学理工学部の香川亘教授との共同研究により、組換え酵素Rad52が反復配列を介した染色体異常を引き起こすことを明らかにしました。

続きを読む
https://00m.in/2pqLS

ニュース選定者:大内 明香

東京工業大学
https://00m.in/llxhR

×

リサーチのお願い