文部科学省と総務省、京都大発のベンチャー企業は、学校健康診断の記録を「ビッグデータ」として活用する新事業を始めた。

健診記録は中学卒業後に廃棄されてきたが、長期間保存して成人期の病気の予防などにつなげるという。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161121-OYTET50032/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/


人気記事